×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ギフト(贈り物)のマナーと注意点

花 おすすめギフト特集 
   贈り物は嬉しいサプライズ。何を贈るか悩むことも多いですが、
   そんな贈り物やプレゼント選びに役立つギフトの特集をご紹介!

ギフト(贈り物)のマナー 贈り方のコツ

ギフト(Gift)という言葉は、英語で贈り物のことをいいます。 日本
では、昔から、結婚祝い・出産祝い・快気祝い・入学祝・就職祝・新築
祝・還暦祝・長寿祝・お中元・お歳暮など、贈り物を贈る風習があります。

 

ギフト(贈り物)の目的は、贈るという行為を通してこちらの気持ちや
心づかいを相手に伝え、喜んでもらうことでしょう。ギフト(贈り物)を
贈る際の作法や様式等のマナーについて、常識と正しい知識を
心得た上で、相手に喜んでいただける方法を考えることが大切で
すね。 「贈り方のコツ」をつかんで、ギフトの達人になりましょう!

 

ギフト(贈り物)には、長年かけて作りあげられてきたさまざまなマナー
があります。注意点の基本としては、以下のようなことに気をつけます。

 

◇ 贈る時期をはずさない。
◇ 相手が困るほど高価なものをおくらない。
◇ 嗜好性の高いものは、贈り物用品として適さない。
◇ 四(死)や九(苦)の数字がつくものなど、悪いことを連想させるものは贈らない。
◇ 返礼の品は贈られた品物より高価なものを返さないのが一般的。
◇ ギフト(贈り物)に付ける「のし」の種類を間違えない。

 

たとえば結婚祝のギフト(贈り物)を贈るときの注意点としては、
他の人からの贈り物と重なったとしても無駄にならないとか、いくつ
あってもいいような実用品や消耗品を贈ったり、生活必需品とまでは
いかなくても、あれば便利な道具や小物類を選ぶと失敗がありません。

ギフト,贈り物,マナー,注意点

また、あまり実用的とは言えませんが、自分では買わ
ないけれど、もらうとうれしいブランド品の小物だとか
時計や花瓶、観葉植物など、どんな部屋にでも合う
シンプルなインテリア用品などを贈るのもひとつの手。

 

贈り物を選ぶのは楽しいことですが、考えすぎると
どうしていいかわからなくなることもありますよね。

 

結婚祝いの贈り物を選ぶ際、相手と親しい場合は、
前もって予算を知らせて、その範囲内で欲しいものを
聞いておくというのも確実に喜んでもらえる方法です。