×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

母の日のプレゼントギフト

花 おすすめギフト特集 
   贈り物は嬉しいサプライズ。何を贈るか悩むことも多いですが、
   そんな贈り物やプレゼント選びに役立つギフトの特集をご紹介!

母の日(5月の第2日曜日)の贈り物

5月の第2日曜日は母の日ですね。

 

ふだんなかなか伝えられない感謝の気持ちをプレゼントに託したいところ。
定番のカーネーションなどのお花はもちろん、便利グッヅや健康系、
また手づくりギフトなどお母さんの顔がパッと明るくなるような
心はずむプレゼントを贈りたいですね。

 

お母さん、お義母さんとの距離がググッと近くなるチャンスです!

カーネーションなどのお花

母の日といえば、やっぱりカーネーション!

 

迷ったら、定番のカーネーションを贈ることが多いと
思いますが、母親側の意見としては、切花よりも長く
楽しめる鉢植えや水のいらないプリザーブドフラワー
なども人気があります。

 

ただ、母の日用に出荷される鉢植えカーネーションは、
あまり持ちが良くないものが多いような気がします。

 

つぼみがたくさんついていて、お花が咲くことを期待していたら、
ツボミのまま枯れてしまった・・・ということもよくあります。

 

というわけで、私は母の日にはバラやアジサイ、クレマチス、
蘭などを贈っています。プリザーブドフラワーを贈ったことも
ありますが、やはり鉢植えのちょっと豪華なお花が喜ばれています。

 

長く花を咲かせる方法や育て方の注意などの簡単な説明を添えて
くれるお店が安心できるようで喜ばれます。 説明書を見ながら、
翌年もちゃんと咲かせてくれるので、おくりがいがあります。

気の利いたギフト

せっかくの母の日です。
気の利いたギフトを贈って、喜んでもらいたいですよね。

 

お花には、あまり興味のない方もいらっしゃいますので、
お花以外のプレゼントもニーズが高くなっています。

 

お母さんが、今、どんなことに興味を持ち、熱中しているのか・・・。
そんなことをじっくり考えると、気の利いた贈りものが選べます。

 

カーネーションの由来

カーネーションは、「母と子」や「母性愛」を象徴する花ですね。

 

カーネーションは、十字架にかけられたキリストを見送った
聖母マリアが落とした涙から生じた花と言われています。

 

白いカーネーションは、十字架にかけられる前のキリストとマリアを
象徴し、赤いカーネーションは、キリストの体から散った血の色や
復活したキリストを象徴しているそうです。

 

ただ、キレイだからということではなく、こんな深い意味が
あったんですね。

各国の母の日

タイ
タイ・シリキット国王妃の誕生日(8月12日)を母の日としています。
母の日に、お母さんに贈る花は、ジャスミンです。

 

フランス
5月最後の日曜日が母の日です。ただし、キリスト教の精霊降臨の主日が同じ日曜日となってしまう年には、6月の第1日曜日が母の日となります。

 

エジプト
母の日は3月21日です。イベントを開催する学校が多く、子ども達の
踊りの発表会がありベリーダンスからヒップホップ系、アラブの伝統的な
踊りなどいろんな踊りを披露するそうです。

 

ネパール
4月末〜5月上旬の1日が母の日です。
母親に甘いお菓子、タマゴ、果物などのプレゼントを贈ります。

 

 

アメリカ、オーストラリア、フィンランド、トルコなどでは、日本と同じ
5月の第2日曜日が母の日になっています。

 

国によって、プレゼントや祝い方はさまざまですが、母親に日頃の
感謝の気持ちを伝えるという意味では、やはり世界共通なんですね。